交通事故の法律相談

交通事故に関する損害賠償で最も問題になるのは後遺症です。後遺症が認定されるかどうか・されたとしてその等級はいくつなのか。後遺症認定の結果によって、損害賠償の額に大きな差が出ます。

交通事故の法律相談

協力医師との連携による適切な対応を行っております。

交通事故は、事故被害者の方の心身に大きなダメージを与える出来事です。紛争が長期化してしまうと、被害者の方の精神的ダメージが更に大きくなる恐れもあります。

交通事故に関する損害賠償で最も問題になるのは後遺症です。後遺症が認定されるかどうか・されたとしてその等級はいくつなのか。後遺症認定の結果によって、損害賠償の額に大きな差が出ます。

そこで、協力医師との連携することにより、医学的見地に基づいた適切な弁護士の意見書によって、迅速・適正な後遺症認定の獲得に成功しております。

【解決事例】

弁護士に相談していることが家族に分かってしまって、心配をかけたらどうしよう…というお悩みにも、配慮して対応しております。

  • 形式的には14級の該当も難しい事案
    当職にご依頼後、被害の実情に応じた認定を求め、12級の認定を獲得。
  • 人身事故。依頼者ご自身による請求で後遺症認定は得られず。
    当職にご依頼後、 異議申立とともに、意見書を提出することにより、14級の後遺症認定を獲得。
  • 車同士による事故。MRIやレントゲン上の目に見える異常は無しとの判断。
    当職にご依頼後、医学的視点を踏まえた意見書を作成し、後遺症14級を獲得。
  • 明確な収入の証明が無い事案
    保険会社は賃金センサスに基づいて基礎収入年350万円として賠償額を計算することを主張したが、現実の収入の証明に成功し、基礎収入年600万円を基として計算した解決金を獲得。
  • 非接触事故の事例
    非接触という難しさはあったものの、因果関係の主張をおこなうことにより、140万の賠償金を獲得。
  • 車同士の接触事故の過失割合
    保険会社同士が1:9で合意していたが、事故態様を当職が精査することにより0:10で和解。
    当初は過失割合5:5で和解の方向であったが、当職にご依頼後、0:10で和解。
  • 骨折の傷害を伴う事故について、保険会社から130万の和解金の提示
    当職が介入することにより280万で和解。

着手金

【交渉】

無料

【訴訟】

30万+税

報酬

【交渉】

20万+得られた経済的利益の10%~16%+税

【訴訟】

得られた経済的利益の10%~16%+税

▲ページの先頭へ