コラム

日々の弁護士活動に関する話題や、日常生活で感じた事、考えさせられた事などを取り上げてご紹介します。ご意見・ご感想などいただければ幸いです。

[ヨーロッパ見聞録]
番外編~パラオ共和国

太平洋上、ミクロネシア地域の200程度の島々からなる国。

戦車

今年の春、天皇皇后両陛下が、パラオ共和国をご訪問されたことがニュースになりました。

パラオは、1994年に独立したオセアニアの国で、人口は約2万人(事務所のある本郷とだいたい同じくらいのようです)。

太平洋戦争時、パラオのペリリュー島には東洋一と言われる日本軍の大きな飛行場がありました。アメリカ軍は、その飛行場を攻略して戦争を有利に展開するという戦略を持っていました。そこで、ペリリュー島で日米軍が大きく激突することになってしまったのです。

海に沈むゼロ戦

ペリリュー島の戦いでは
日本軍の戦死者 10,695名
アメリカ軍の戦死者 1,794名
といわれています。なお、一般市民については、日本軍が戦闘前に退避させたため死者・負傷者ともに0名とされているそうです。

今でも、飛行場のあったペリリュー島にはたくさんの戦跡があります。

ペリリュー神社

島に行く途中には、零戦の残骸が沈んでいる場所があります。
武田鉄矢さんの海援隊というフォークグループの歌に「パラオゼロファイター」というパラオの海に沈む零戦のことを歌った曲があります。武田鉄矢さんもここにいらっしゃって作詞をされたのですね。。。

ペリリュー神社。

ペリリュー島は、熱帯の草木が茂るジャングルです。暑かっただろうな、、、日本に帰りたかっただろうな、、、。

日本と歴史的に密接な繋がりを持つ、世界一の親日国。

日本産のイルカ

話は少し変わりますが、パラオはとっても親日国です(日本の統治が良かった・日本が経済援助をしているなど、理由はいろいろあるようです)。

公用語は英語ですが、ショッピングセンターが「ネコプラザ」という日本風の名前だったりします。また、子どもに日本名をつけたりする方も多くいらっしゃるそうです。

消防車は日本と全く同じ物が使われていました。

ちなみに、このイルカさんも実は日本産だそうです(研究用に日本からやってきたそうです)。

▲ページの先頭へ