コラム

日々の弁護士活動に関する話題や、日常生活で感じた事、考えさせられた事などを取り上げてご紹介します。ご意見・ご感想などいただければ幸いです。

コラム一覧

見聞録~パラオ共和国

太平洋上、ミクロネシア地域の200程度の島々からなる国。

戦車

今年の春、天皇皇后両陛下が、パラオ共和国をご訪問されたことがニュースになりました。

パラオは、1994年に独立したオセアニアの国で、人口は約2万人(事務所のある本郷とだいたい同じくらいのようです)。

太平洋戦争時、パラオのペリリュー島には東洋一と言われる日本軍の大きな飛行場がありました。アメリカ軍は、その飛行場を攻略して戦争を有利に展開するという戦略を持っていました。そこで、ペリリュー島で日米軍が大きく激突することになってしまったのです。

>>詳細ページへ

社会主義国・デンマーク~Bestでは無くEnoughの国

北欧というと、かわいい雑貨のイメージが浮かびますが、ここでは社会主義というテーマを述べたいと思います。

社会主義の国には物乞いはいない?

日本人がヨーロッパへ行った際、まず驚くのが有料のトイレが多いことと、駅などに物乞いさんがたくさんいることだと思います。パリやドイツなどではたくさんの物乞いを見かけます。自由主義・資本主義の結果として、こういった格差が生まれるのですね(フランスを社会主義に分類する考えもありますが。。。)。

デンマーク コペンハーゲン

では、デンマークなどの社会主義の国には物乞いはいないのかというと、、、けっこうお見かけします。私も最初は「何で?何で?デンマークって税金高くて、物価高くて(日本の2倍)、でも物乞いがいるなんて、社会主義っていいことないじゃん!」と思いました。が、少し、調べてみると、彼らはジプシーなどの移民のようです(パリなどでの物乞いもジプシーが多い)。北欧では、医療費は無料(でも病院は選べない・順番待ちがすごいらしい)・大学まで学費は無料(日本の大学生の意識を基準にすると、大学まで税金で学費負担ってのもどうかと思いますね。。。)・失業保険は現役時の9割を数年保証(働かない方がいいじゃん!)ということのようですので、デンマークの国籍を持っている人で、本当の貧困層というのはあまりいないようです。

>>詳細ページへ

弁護士選びのポイント「大事なポイント」「気にしなくてもいいこと」

模範六法

日常的に弁護士と話をする人がどれほどいるでしょうか。

当職へご相談にいらっしゃる方も、弁護士に相談するのは初めてという方がほとんどです。そしてみなさん、どんな弁護士さんに相談していいものか、随分悩んだ末に当職の所へ足を運んでくださっています。

そこで、ここでは弁護士選びのポイントについて、いくつかご紹介したいと思います。

>>詳細ページへ

▲ページの先頭へ